テーマ:被災地

煌心書道会  浮舟庵避難日記

 暖かい日が増えてきましたね~。  とは言っても、まだまだ寒風吹きすさび、大雪が残ってる 地方の方は、大変でしょうけど、春間近ですので 頑張って下さい。  さて、まず初めに、先日の書展にお出で頂いた方には、 御礼申し上げます。ありがとうございました。 私は、予定通り行けなかったです。  わずか1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

煌心書道会  浮舟庵避難日記

 寒いですね~。 避難前の地元に比べれば、遥か250キロ近く南にあって 暖かいはずですけど、そこはそれ 慣れればそれなりに 寒く、地元の方々の苦労を気遣いつつ縮こまっています。 着こむと、ただでさえ四十肩 いや、五十肩で痛い肩は 尚更苦しくなるし、困った感じです。  さて、地元の我が家は、間もなく環境…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

煌心書道会  浮舟庵避難日記

 今年も間もなく終わりですね。  つたない作品、文章にも関わらず、多数お読み頂いて ありがとうございました。 来年も、恥ずかしながら出来るだけ作品をアップしたいと 思いますので、暇な時はお読み頂ければ幸いです。  さてさて、近況報告からですが、最近介護の大変さがアップして、 昼間はほとんど自分の時間が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

煌心書道会  浮舟庵避難日記

 いよいよ冬突入、寒いですね~。  その寒さと、福島で地震があった翌日、妹に東京に来てて貰い 福島の地元に行って来ました。  それは、環境省から家の取り壊しの順番がきたから打ち合わせ したい、との連絡があったからです。 受付番号が、2700番後半 だったので、まだまだ先の事と思ってましたが、いざ間もなく解体…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

煌心書道会  浮舟庵避難日記 10

 寒くなりましたね~。 夏日があったかと思えば寒い日が続いたり、気温の 変化についていけなくて、体調管理が大変です。 我が家のお袋も、熱中症が完全に治らず、そこに寒さが 来たもんだから、先々月に2週間、先月に2週間の家での 点滴となりました。 一つの部屋に、介護中の親父と、お袋が点滴している姿は …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

煌心書道会  浮舟庵避難日記

 いよいよ暑い季節になりましたね~。  さて、今回のアップは、まずは作品の自己批評からですが、 ずなかった~(田舎の方言で大きかった)という意味ですが、 先日 本が来て、6月1日のアップ作品が写真版だったのは いいんですが、わずか字粒過大という批評を頂いたんですが、 今回はそれより大きかった!。 書き直そう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

煌心書道会  浮舟庵避難日記 課題

 梅雨を前に、穏やかな日が続きますね。 梅雨に入ると大変で、紙が 安い紙を使ってるせいか、すぐ 湿って、触っただけで水分含んでるのが解るし、書けば ジワーと 滲んで思った線にならないですよね。 んだったらいい紙を買えばって 話なんですけど、使ってる筆と墨汁に、相性っていいますか、書いてて 1番ストレスなく、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

煌心書道会  浮舟庵避難日記

 窓から見える桜模様も終わり、何となく寂しい感じです。  さて、今月の課題ですが、花々が咲く春は好きなんですけど、 字の『春』は・・・。 昔から苦手だったんですけど、いくら書いても微妙なバランスで 形が悪い。 もっとほのぼのとした、暖かさを感じる様なゆったりした『春』の 字を書きたかったんですが、こう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浮舟庵避難日記  9

過ごし易くなりましたね~。って云うか、極端に寒い日があったりして、 秋を感じる暇なくあっと云う間に冬が来そうですね。   冷房が必要なくなったと思ったら、エアコンも休む間なく、 暖房でお世話になりそうです。 さて、今月の出来具合は・・・いい出来の字もありますが、線が 短かったり、2行目は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浮舟庵避難日記   本年3回目

暖かくなりましたね~。 過ごし易くて助かります。 桜も、東京で見て、書類の処理等あったので先週地元へ帰った時にも 見ることが出来ました。 アップしたら避難中の知り合いから 「先生、懐かしい風景ですね」と、コメントを貰ったりしましたが、他地元の 様子は・・・あの日のまま。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浮舟庵避難日記  庵主タイヤ交換に帰る の巻

 雪の季節を前に、家の様子を見ながらタイヤ交換をして来ました。 街の様子はと言うと、近くに避難している方がほとんどでしょうけど、 師走に入って、年末年始に限り滞在出来るかもしれないから、 さぞ周りでも来ていると思いきや、ご近所さんはお向かいさんがちょっと 来ただけで、他には人影もなく 寂しい限りでした。 日暮れも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浮舟庵避難日記  過ごし易くなった秋~~~の巻

残暑も過ぎ、過ごし易くなってきましたね~。 で、作品も書きたいし、 両親をドライブにでも連れ出したいところですが、原発の請求が 中々進まない。 って、そればかりやってる訳にもいかないし、 書類を取り寄せる必要もあったりで、その中でストレスも貯まるし・・・、 例えば、ある項目を請求したいと思って東電に問い合わせたら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浮舟庵避難日記  走って走って1500キロ+420キロ の巻

故郷に       香る潮風  懐かしき                  一夜吹かれる  浮浪雲  先月末から今月初めにかけ、子供達が夏休みに入った事も あり、今では遠いとこに住む姪っ子や、その母親(私の妹ですけど)、 ペットのワンちゃんを迎えに、福島を2往復しました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本年6回目の課題と、やっぱり愚痴~~~の巻

う~ん、又々今月も言い訳をしたくなるような作品ですが、批評は 皆さんにお任せするとして・・・私ばかりじゃなく、私の生徒さん皆 集中出来ずにいるようです。  ある生徒さんは、「先生、ちょっと書き始めると、自宅の事や、いつ頃 帰れるかとか、補償の事とか考えていて、中々書けないんだ。」と、 言ってます。私…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浮舟庵避難日記  人はなくても花は咲く の巻

先月の連休以来、今月も妹や姪が爺婆の顔を見に来たので、それを送り ながら家の様子を見てきました。 ウ~ン、避難がなければ、昼と いわず夜といわず、ちょっとした間に来ることが出来たのに、今では 月1.それも半日かけて来て1泊してアッという間に帰って行く 状態です。で、今回は持ち帰る荷物は少なかったはずなのに、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浮舟庵避難日記  1年ぶりの故郷とこれが現実  の巻

Ryoパパさん、お久しぶりです。 まだまだ親子離れ離れの生活をしている人が多い中、奥さんや 子供さんと一緒の生活になって、ホントに良かったです。 娘さんや息子さんも元気一杯、溢れるばかりの笑顔でしょうね。 出来る事なら、私も早く逢いたいですよ。 他…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浮舟庵避難日記  今朝のあるコメンテーターの一言 の巻

今朝のあるワイドショーで、仮設にお住いの避難者が 「家に黙っていても体がなまるから、ガレキの片付けに 行ってる」と言ったら、その言葉に、あるコメンテーターは 「まだあったんだ!?。」と言ってビックリしていましたが、 コメンテーターならコメンテーターらしく、って云っても、 いかに世間のって云うか、被災地の現状…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浮舟庵避難日記   昨日の報告  の巻

昨日 妹が家の片付けなどで行ってくれたんですけど、その際 わずか2時間ほどの間に、2人の来客があったそうで、1人は 墓石修復依頼のお客様で、お盆を前に 7月末位までに 修復して欲しいとの事。 有難い事です。 もう1人は、生徒さんのおじいさんで、それとは知らない妹は、 又 お墓のお客さんと思ったそうで、話を始…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

浮舟庵避難日記  人知れず咲く桜 の巻

春 桜も散ったのに寒いですね。 花冷えって云うんでしたっけ。 つい先日の事ですけど、北上する桜前線と共に、懐かしい映像が出てました。 それは、田舎の満開の桜の映像で、 避難してその地の桜は 見られても、やっぱり地元の桜を見たい と云う要望があったそうで、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浮舟庵避難日記

渡る鳥    鮭も帰りし   我が故郷        人は彷徨い   仮の宿        先日 白鳥のお話をしましたが、故郷から来た連絡の1文に 「例年の様に、白鳥がいつもの場所に渡って来ました。 鮭もやはり遡上してきたんですが、やな場は津波で流されて、 街を通り過ぎてからの最初の堰まで上って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浮舟庵避難日記    白鳥

渡る鳥  そこに故郷  追い求め           人も彷徨い  故郷探し  秋ですね~。って中々涼しさを感じる日は少なくて、日中も Tシャツ1枚で過ごせる日が続いてますが、来週からは一気に寒くなりそうな 予報です。  私はここ2~3日 何だか何もやる気がなく…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

浮舟庵避難日記      副庵主 地元へ帰る

避難後 何回目の帰郷になるか・・・・・、28~29日かけて、妹が 地元に(と云っても、妹宅は20㌔圏外)帰る事になっていたので、 荷物を積み、妹と副庵主を乗せて行ってきました。  圏外とは言っても、やはり南相馬市だから、放射能の心配は ありますが、色々事情があって仕方ないんですけどね。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

浮舟庵避難日記

Ryoパパさん、忙しい中 携帯での訪問とコメント、有り難う御座います。 我々被災者のほとんどが、親しい人との交流はないと思いますが、 そんな中で親しい方からの連絡はホント気が休まります。 地元に帰ってお逢い出来れば、尚いいですけどね。 地元と云えば、警戒区域の延長に関して、段々内容がはっきりして きましたね…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浮舟庵避難日記

原発周辺、長期間住めないと判断…首相陳謝へ - BIGLOBEニュース 朝から、天気のせいもあって憂鬱です。 それは、ネットのニュースで このニュースを見てしまったからです。  被災者としては、帰れるか帰れないか、早く知りたくもあったんですが、 いや、感じてはいても 帰れないって言葉は聞きたくなかったんですが、 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

暑いっすね~~~って言わないで頑張ろうと思っても、ついつい 口を突いて出るのは「暑い~」の一言だけ。 そんな中 降り注ぐ強い日差しの暑さに負けず、アップロードの 不具合と戦いましたが、とうとう回復する事が出来ず写真での アップとなりました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浮舟庵避難日記

草萌えて 静かに荒れ地 隠せども     覆い隠せぬ 涙と怒り 先日 用があって南相馬に帰って来ました。  地元が近づくにつれ、復興が進み、見慣れた風景を期待して いたんですが、それはやはり儚い夢でした。  近づくにつれ、長袖にマスクと帽子という姿の人々とすれ違い 途中の学校では校庭の土の除染…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more