浮舟庵避難日記    白鳥

画像
渡る鳥  そこに故郷  追い求め

          人も彷徨い  故郷探し


 秋ですね~。って中々涼しさを感じる日は少なくて、日中も

Tシャツ1枚で過ごせる日が続いてますが、来週からは一気に寒くなりそうな

予報です

 私はここ2~3日 何だか何もやる気がなくて、古い資料を整理したり

してたんですが、そしたら 御記憶にある方もいらっしゃるでしょうが、アップ

した写真を見つけてしまって、原発の請求書問題で忘れていた郷愁の念が

蘇って来てしまいました。 

 彼女(彼)等は今年も帰って来るんですかね

グーグルで見ると、我が故郷は国道から東の一部高い所は木々が青々と

見えるんですが、ほとんどは湖状態で、道があった所は点線というか、薄い

白線で 以前はここにありました、って感じで書いてあるんです

震災当日 避難した高台の工業高校から一部は見えたんですが、

グーグルで見た程とは思わなかった。 帰れたとしても、昔の様子は全然ない

でしょうね

アッ、話を戻すと、データを見るとそろそろ彼女たちも帰って来る時期

なんですが、様変わりした景色の中ででも帰って来られるんですかね

鳥たちは地球の磁場や、体内磁力で場所を特定するって聞いた事は

ありますが、私は知識不足で その辺の正確なとこは知る人にお任せするとして、

一番の懸念は、彼女らが帰って来たとして、放射能に汚染された水で休み、

その中で魚を食べて、暖かくなれば 又北の地は帰って行く、・・・それって




たった一年前の写真なのに、かなりの時間が経過した懐かしさと同時に、

近い将来おこるであろう出来事がふと心配になりました。



パソコンが調子悪くて、復活!と思ったんですが、書いてみたら御覧の

通りで、読みづらくてすみません。  システムとか、私には訳が解らず

次回にはちゃんとお届け出来るように頑張ります。

では、よい週末を。




























"浮舟庵避難日記    白鳥" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント