煌心書道会  浮舟庵避難日記

 いよいよ暑い季節になりましたね~。

 さて、今回のアップは、まずは作品の自己批評からですが、

ずなかった~(田舎の方言で大きかった)という意味ですが、

先日 本が来て、6月1日のアップ作品が写真版だったのは

いいんですが、わずか字粒過大という批評を頂いたんですが、

今回はそれより大きかった!。 書き直そうと思ったんですが、

書く時間を作るのも、家庭の事情で難しく、生徒さんもすでに

送ってあるこの手本でお稽古してるだろうし、自分だけ書き直して

提出する訳にもいかず、このまま提出した次第です。

 その月の課題によって、調整が難しい時もありますが、今回は

初めてのミスと言っていいかもしれません。書き上げた時は

この位だろうと思ったんですがね。

 生徒さんには申し訳ない思いです。

 次に、7月12日、くしくも私の誕生日と同じ日に避難解除に

なった地元 南相馬市小高区についてですが、友人や

知り合いからの連絡では、「全然変わらない」という事なんですが、

スーパーはない、食堂は2件だけ、病院医院は一部だけという

現状ですから、無理からぬ事と思います。

 長く過ごしたお年寄りはわずか帰った様ですが、若い人や

周りは帰らず生活も不用心、解体された家屋も多く

寂しい限りなんです。

私も悩みを抱えているし、地元からは色んな問題も聞こえてくるし・・・。

  一体、いつになったら普通の生活が戻るんでしょうね。
 

  釈文は、金殿人聲絶ゆ  です。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック