本年5回目の課題と最近の愚痴 の巻

画像


皆さん体調はいかがでしょう?。

私は、私個人はマァマァと云うか、親父の体調は元より、

お袋が両目を2週間かけて白内障の手術をしたもんで、

その後の決まった時間の目薬をさしていた為に疲れをおこし、

私の、自分の時間を持つ事も減って、大変でした

だからと云って今月こそ作品に影響を及ぼす事なく、気合を入れて

書いたはずなんですけど・・・・・

3字目は画数少ないから小さく見えていいはずなんですけど、

そうでもない、4字目はもう少し大きく見えてもいいはずなんですけど

1字目や5字目に比べると・・・小さく見える

ア~、中々思うようにいかないですね

思うように、と云えば 東電の対応も補償も、思うようにいかないですよ。

生活上必要な物品もだし、増加分もだし、それなのに値上げ分に何年か

先までのボーナスも含まれているっていうし。管理職の一部は、もう天下り先も

決まってるっていうじゃないですか

会社としての財産処分も我々の目には見えてこないし。

・・・いや、相談窓口にしろ福島の現場にしろ、最前線で働いている方は

それなりの賃金を貰ってもいいと思うんですけど、我々への補償を決めた

上層部は、もっと田舎の生活や人とのつながり、絆を考えて、対応して

欲しいんですよね。 ~窓口で話した方は、「色々な方と話して、

避難者の方と会社との温度差を感じます。」って言ってくれたんですけど、

お愛想にしても、数あるはずであろう小さな声は、険しい山の頂には

届かないものでしょうかね


・・・ここからはつい最近の話で繰り返しになりますが、公聴会が開かれても、

東電側の人間が仕込まれていたようだし、現社長が「経費削減の為の

努力はしている」と言うものの、参加者の一人は

「我々消費者には見えてこない」って言っていましたが、その通りだし。

又、「競争出来る様に改善努力はしている」と云う言葉には、社長の

隣に座っていた人は、もう天下りが決まっていると云うし、そうなれば

仕事は当然その会社に依頼されるだろうしね。 早い話、一部でも関連企業で

仕事がされていれば、あ~ やっぱりな、ということで、社長の「企業努力」

は、あくまでも表向き発言と云う事でしょうね!。 「値上げは権利」と

言った人だから、すんなり認められると思ったんでしょうけど、

権利を主張するなら、我々の権利も認めろよ!!!、って感じです。


と云う訳で、又愚痴になってしまいました、すみません。

釈文は  命(めい)を賜(たも)うて青土(せいど)を分(わか)ち  です。


そうそう、我が鶴心書道会の書友の皆さん、避難先で頑張ってる方も

いますが、受験をされる方は頑張って下さい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック