浮舟庵避難日記   昨日来た書類の中の一文編

昨日、別件の 請求書類の手引き、みたいな書類が来たん

ですけど、その中の挨拶の一文に、


引き続き、誠意をもって迅速かつ公正に対応してまいる所存

ですので、ご連絡またはご請求のほど何卒よろしくお願い

申し上げます。


って書いてあるんですけど・・・彼らの言う誠意って何だべ?。

公正って何だべ?。 そもそも、引き続き、ってのが間違ってる!。

今まで、相談センターに何回電話した事か!。その度はっきりした

返事も得られぬままでいるのに、「引き続き、誠意をもって・・・」

って、どこに誠意があるのか?。 

 自分らはしっかり会社の財産があって、値上げも会社の権利だって

言ってて、我々が膨大な書類と資料を作って請求しても、かなりの

額が減額され、それも 数字だけが書かれた紙 数枚で返送

されて来る。 詳細な内訳もなく何が認めらて、何が認められない

のか解らない、そんな対応が誠意って言えるのか!!!。 

我々には事故前の生活をする権利はないんだべか???。

 今日も地元の新聞のコピーが送られて来ましたが、読むと

合意は2割程度って記事があったんですけど、あの対応では

さもありなん。合意したくても内容が解らないから合意も

出来ない、と云う事です。

 話し合いをしたくても、正式な書類がなくては話にもならない、

記録にも残せないんですよね。

 全く、向こうの書式に乗っ取って作った書類を

書かせておいて、添付した詳しい説明資料まで送っているのに、

我々には何もない!!!。

 そして、公正に ってなんだべ?。 

避難者それぞれを比べての公正か、それとも 個人の請求の中で、

必要か必要でないかが、向こうのデスク上で判断されたのか?。

 いずれにしても詳細な書類がなければ話も進められないし、

っていうか、こっちから電話しないと 向こうからは連絡してくる事は

ないらしいし、例えこっちから電話しても、やっぱり会社の方針で

詳細な書類は送っては貰えないそうです。

 そんな現実があるのに、どこに誠意があって、どこに公正が

あるのか???。 

色々聞いた話しでは、何回も より詳しく書いて請求しなければ

ならないようで、 お年寄りだけで請求している人は、面倒になって、

適当に合意してしまう人も出るだろうし、逆に 押し入れに入れて

しまう人まで出てくるんではないでしょうか???。 私も2回目の

請求準備をしていましたが、1回目の返答をみて、途中で棚に

しまってしまいました。


この対応、早く何とかならないもんでしょうかね。 

4月以降の事も色々情報を得て、将来の事も考えなくては

ならないし・・・お稽古もしたい、時間を作りた~~~い。













ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック