浮舟庵避難日記

Ryoパパさん、コメント有難うございます。 

データの移動終わりましたか?。 解らない事あればお教えします。

いや、教えられる事はあっても、私が教える事は何もないですね

失礼しました

実は私もパソコンを新しくしてセットアップの真っ最中です。 で、どうにか

使えるようになったんで、こうしてブログの更新も出来るんですけどね。

返信遅くなって申し訳ありませんでした。 ンッ、新しいPCからの

初返信というか、初更新となりますね


で、返信を兼ねて今日も又愚痴の更新ですけど・・・

住んでもいない地元に関して、市民税や県民税の納入依頼書が

送られてきてると思うんですけど、あれってじゃないですか?


私の場合で言えば、過去32年住んで、税金の滞納もなく生活

してきたのに、平等な支援も受けられないまま税金を納めるってのは

どうも納得いかないんですよ

逆に言えば、ぶっちゃけた話 震災1週間前に転入した人でも

県内 或いは支援体制のある自治体で避難してれば支援は受けられてる

って事なんですよね。

で、それより何より、1番納得いかないのは、警戒区域の他町村は

免除って話も聞こえてるのに、何故我が故郷は帰れもしない住所に

納めなければならないのか



う~ん、とりあえず納税して、そもそもの原因を作った原発に

請求上げてもいいんですけど、そういう次元の問題ではなくて、

1番の問題は、国が設定した区域で、何でこうも扱いが違うのか

そして色々調べたり聞いたりした話では、申請すれば減免、或いは

免除があるみたいなんですけど、申請すれば、って・・・

申請がなければ、いずれ納められるであろう税は

そのままって事になるみたいです。

そして、そして ネットのページの一部にこういう文があるんですけど、

「申請について、ネットを見る環境にない方は、下記へ連絡下さい。」




一つ一つ問題や他の申請を片付けてきましたが、次から次に

新しい課題が出てきます。 疲ッちゃ~~~。




ハァ~、この話はいずれ又お話する機会があると思いますけど、

その時には発展的な報告が出来ればいいと思ってます。

では、今日はこの辺で。




















































ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック