浮舟庵避難日記

東電賠償請求手続き、弁護士が代行…政府方針 - BIGLOBEニュース

やっと政府が動き出してくれるみたいですね。

ぶり返しの暑さも手伝って、書類記入に疲れを感じ始めましたが、

やっとその道のプロの介入で、今後少しはスムーズに進む気も

するんですが、ここ東京ではどうなるでしょうね!?。

住宅の件にしても、借り上げの問題を始め、家電や必要な

生活用品にしても、置き去り感がありましたからね。

思い悩んで、「さわやか福祉財団」さんに問い合わせしたら、

色々調べてくれて、ケースによっては指定を受けられるかも

しれない、って返事を頂き、都に電話したんですけど、結局は

ダメで、県に電話してもダメ、「在県中 間違いなく税金も納めて

来たのに、県を出たら面倒見られないのか?。 支援の事とか

知ってれば、県内で避難移動していたよ。その変わり 親父の

体調も悪化していただろうけんちょよ!。」全く ケースバイケース

で柔軟に対処出来ると思うんですけどね。 そして家電にしても

、市から ある機関を教えてもらったんですけど(いつから活動してたか

解りませんが)、よくよく聞いたら、細々した物 包丁とかまな板 洗面器

食器、大きい物では茶箪笥とかのセットじゃないと受けられないって

言われました。問い合わせした時点で、すでに震災から半年は

経っていたので、ある程度の生活用品は揃っていたんですよ。

おそらくは、ほとんどの人は揃っていたと思うんですけどね。

・・・結局は断りました、で 今以って支援はないので、全て自分で

揃えるしかありません。 原発で その必需品を認めてくれれば

いいんですけど、聞こえる情報は暗く寒くなりそうな話ばかりです。



冒頭の支援も、私みたいに 家を空けられない者にも支援して

貰えるのか、又 置き去りにされたらどうすっぺ!?。

もう少し、請求書をまとめる必要があるので、それが出来たら

弁護士会に相談してみようとは思うんですけど、やっぱり

心配です。


原発目線って言うか、上から目線って言うか・・・、

いつまでこんな生活が続き、いつまで悩み苦しめばいいんだべね!?。







































ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック