浮舟庵避難日記

柿一つ   転がり落ちる  丘の上

            一人眺める  いわし雲






過ごしやすい季節になりました。みなさんいかがお過ごしでしょうか?。


 避難先の、ここの家の片隅に柿木があるんですけど、今年は

ハズレ年だったらしく、あまり実はなりませんでした。 

家主の叔母も、私の家族も皆楽しみにしていたんですけど、

その数少ない実も、先日の台風で半分は落ちてしまいました。 

色ずく実で、なんだか久しぶりに風情を感じ、田舎の景色も

思い浮かんだんですけどね。

 田舎って言えば、つい先日 緊急時避難準備区域が解除に

なりましたが、やっぱり思いは様々です。

避難を続ける人、子供とともに帰る人、・・・解除の知らせと

共にプルトニュウムやストロンチウムが検出されたから

再び避難する人、十人十色です。

又、つい最近になって、避難先の福島の子供さんから、甲状腺の

異常も見つかりましたね。

 ある番組で、避難してから子供の笑顔が消え、引きこもりがちに

なった、と言う親御さんがいましたが、その方もやっぱり

放射能を気にしながらの帰郷でした。 我が姪子も、日に日に

笑顔が消え、部屋にいる時間が長くなってきていたので、

色んなタイミングを考えて、夏休みの終わりには帰っていました。

こちらの新しい友達も、しょっちゅう遊びの誘いをくれていたんですけど、

やっぱり田舎の生活、田舎の友達が恋しかったようです。

秤にかけた訳ではないですが、家族としては、目に見える不安の

解消を先にした、ってとこです。

帰ってからの彼女は、高校受験にも関わらず、それこそ 水を得た

魚の様に、親友と遊びまわっているそうですが・・・。



その道を選んでそれが正解かは誰にも解らない、もし答えが

出るとすれば、それは おそらくは何年後かの事。

町民市民、みんな闇の中を彷徨い、来る日も来る日も

手探り生活が続きます。



















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック