浮舟庵避難日記

昨日も暑い1日でした。 誰彼なく口を

開けば、「暑い、暑い」の連続です。 そんな中 親父を

ここの近くの病院へ連れて行って来ました。 震災から4カ月、

家の状態から親父の体調まで、中々行くタイミングが合わず、

ようやく行けたと云う訳です。 以前から、周りの人に 「何かあった

時の為に、こっちの病院の先生にも体調を知っておいて貰ってた方が

いい」とは言われていたんですがね。

で、涼しくなる事を祈ったんですけど、やっぱり予報は外れず暑い日に

なりましたが、介護タクシーや自分の車で行く距離でもなかったんで

車いすを押し、久しぶりに親父と2人旅となりました。

う~ん、まさか東京に来て、車いすを押して病院へ行くとは思っても

見なかったですけどね。 で、車いすで行ったのは、しばらく

お日様らしい日差しに当たってなかったし(骨粗鬆症の改善には日光に

当たった方がいいそうですし)、風にも当てたかったからなんですけどね。

でも、やっぱり0からの立て直しは時間も精神的にも大変で、地元の

病院へ帰りたくもなりました。 私の仕事の合間を縫って、10年~15年

かけて築きあげたドクターとの信頼関係を0から又築き上げなければ

ならない、以前は親父の体も精神的な事も把握していてくれて、

ある程度の融通もきいて貰ってましたからね。 何時頃行けば 

待ち時間も少なく、風邪の菌や雑菌からどれだけ親父を守れるかetc、

全ての事において、0からの立ち上げは考えれば考える程大変です。 

私もやっぱり年を重ねているし。それに、今まで以上に大変な事は、

これからの生活と保障、いつ帰れるかetc経験した事のない事を

併せてやらなければならない事ですね。



避難している友人とも話をしたんですが、やっぱり1歩1歩&一つ一つ

やっていくしかないですね。























ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック