浮舟庵 千里の道も一歩から日記

先日の 公的支援についての結果報告ですが、結局何も該当する

条件がなく、支援は受けられない状態でした。  県内に

避難している方は色々な支援があるのに、県外に避難した人で、

一般住宅に入った人には何も支援がないんです。 一体どうなっているんでしょう

過去、税金だって2~3回は遅れたものの、しっかり納めてきたのに、

遅れたときは督促状を送りつけてきてまでいたのに、こういう状態に

なった成り行きを、こんこんと説明しても何一つ支援はないと、

いう事でした。全く、取るだけ取って 後は知らんぷり状態です。 家賃だって、

いくら叔母の家に入ったとは云え、固定資産税だってかかってるんだし、

親しい中にも礼儀有り、って事で、充分ではないにしろ払いたいんですがね。

テレビにしても公的住宅に入った人には赤十字から電化製品の支援が

あるのに、私は無~~~い。仕方ないから必要な数だけ

アンテナを買ってきて、自分で取り付けました。 介護状態で

楽しみはテレビだけの親父と、介護しているお袋が喜んでくれたのが

唯一の救いでした

本業は立ち入り禁止区域だから収入もない、義捐金や一時補償金だって、

必要と思った物を考えながら買っても、すぐ底をつきそうだから

出来るだけ出費を抑える為に自分でやるしかありませんでした。

冷蔵庫も欲しいんですけど、地元に帰ればあるし、帰る時の事や、

買った途端帰れる なんて事になったら とか、原発の保障で必要経費として

この先認めて貰えるか とか、色々考えたら買うのも二の足を踏んでる状態です。 

節電とは云え 少しは買いだめもしたいんですけどね。(アッ、そもそも、

原発の交渉すら始まっていないんですがね。)

最近では、仮設住宅に当たっても入らない人がいるって事ですが、

その方々の気持ちも、環境こそ違え 解る気がします。


それにしても、何故こんなに待遇(支援)が違うのか、

こうなって初めて知ってショックの連続です。 二親の体調を考え、少しでも早く

落ち着かせようと、ここまで避難してきた私の判断が間違っていたのか、

ケースバイケース、それぞれの環境や成り行きに応じて、臨機応変 

同じ県民の立場を理解して欲しいものです。


帰れても税金なんて払わないぞ




























ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

リョウパパ
2011年06月17日 20:47
久しぶりです。
この前はありがとうございます。
お礼の方が遅くなり失礼しました。
子供には、一生大事に使いなさいと、いいきかせました。
先生の方は進展がなく残念に思いますが気を落とさずお互いに前向きに行きましょう。
また何か情報が入りましたらお知らせします。
暑い季節となりましたので、体調を崩さないように気をつけてください。

この記事へのトラックバック