浮舟庵庵主の避難日記



震災から4週間目に入り、物やスタイルを作る難しさを、改めて感じる今日この頃です。
仕事にしろ二親の病院や介護支援にしろ、仕事では家に帰れず、お墓の復旧依頼が入っていても手が出せない。お客様からは、「帰れてからでいいから」と、言葉を頂きましたが、ニュース等見てると、帰れるのはいつの事やら解らない。帰れない時は、新天地の東京で新たに職探しです。教室も生徒は散り散りになってしまい、帰れれば勿論又再開しますが、これまた帰れるのは…。介護も、地元にいる時に支援センターさんと時間を費やし打ち合わせして、生活に組み込まれた物がなくなったんですから、又 ここの区や事業社さんと最初からやり直しって事です。建造物も、一度壊して建て直しって仕事は、時間もバワーもかなり必要な事ですが、形のない介護だって、そこまでやったって云う気持ちが、出来上がった建造物そのものであり、それが壊れて又やり直しってのは、土地が変わり、動く私が歳を重ねた事もあって、又か、って思うと、やっぱりかなりのパワーが必要なのを感じます。罹災した人の中には、私より歳を重ねた人もいて頑張ってるんですから、私がネガティブになる
のも甘い話ですね。 やれる事からやらなくてはならない、か。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック