浮舟庵庵主の避難日記



ハァ~、ここにいる避難者の方々も、それなりに生活リズムが出来て、落ち着きつつあるようです。 そんな中 炊き出しに並んでいて話するようになった人から聞いた話では、私の親類何軒かある中の一軒では、お婆さんと子供さん何人かが、あの当日の大津波で流されたそうです。 その様子と云えば、私も見た事のある、高さ10メートルの堤防を軽く越える津波で、まるで壁が迫って来るようだったそうです。それも地震からさほど時間を置かず襲って来たそうで、荒波に揉まれて漁をして来た人でさへ、足がすくんで動けなかったそうです。壁が迫って来る…想像を絶する波だったんですよね。その波の上を、タイミング良く船を出した人は2隻だけは助かったそうで、他は波に飲まれたり、内地に押し流されたりだったそうです。
…まだまだ行方不明の親類がいるんですけど、親類ばかりでなく、ただただその人達の無事を祈るばかりです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック