親父の歯痒さ 家族の苛立ち

家庭に病人がいる家庭では何処でもそうだと思いますが、私の家庭でも

例にもれず、家族の負担が時の経過と共に増えつつあります。

私の家庭では、お袋と私の事ですが、お袋も年には勝てず、体調不良の

日が増え、それに伴い私の負担が増えつつあります。

1日の予定していた仕事も、6割位しか出来ずに、少々ながら御迷惑やら、

連絡不行き届きで手違いをおこしている次第です。

それを見ている親父は、自分で動けない歯痒さで申し訳なさそうな顔を

して、「又、免許取るかな~」なんて、歩くのも千鳥足で、支えも必要な

位なのに気を使った事を言い出したりしています。 かと思えば、体調に

よって視力が違うので、微妙ながらフレームの形が違って合うはずのない

レンズを入れ替えたり、それも私に気づかれない様にやっています。

 お袋も、疲れ目一杯で 時にとげのある事を言って

親父と喧嘩になり、ふて寝をしたりしています。 

家族のみんながそれぞれの時間もなく、精神的にも歯車が

狂い始めてる感じです。  以前に見たドラマと同じです。

それぞれが それぞれの役割と、出来る仕事を目一杯やっているはず

なんですけどね。


以前には、親が年取った時の状態や生活を、ドラマとか見ながら

考えてもいましたけど、こんなにも生活や気持ちに変化が出る

ものとは予想外でした。 周りの人にも、色々聞いてもいたんですけど

習った様には行かないものです。


明日は又、早く起きて診察券を出して、整形と内科に行って来ます。

う~ん、又半日潰れる。




これから先、2親がもっと年を取ったらどうなる事か・・・・・。

当然 まだまだ色々変化していくんでしょうね。

ある程度は考えられても、やっぱり予想を超える事態が待っているん

でしょうか。



それではそろそろ仕事を始めます。











ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック