今日が最後の最後の別れでした。

昨日が密葬とお通夜で、今日が本葬と告別式でした。

いくら心の中で生きているとは云え、その形、その温もりが無くなり、歴史の

中で存在が刻まれていく。・・・何だか、納骨まで済ませて来たのに、

今でも信じられない感じです。



今日の本葬と告別式では、同級生が30人位、仲良かった友人は遠路からも

列席していました。 昨夜のお通夜に出席して別れを終えた友人も

いたでしょうし、恩師も訃報を知り 猛暑の中 老体に鞭打ち列席してくれて

いたんですが、でもその顔の寂しさったら、やっぱり子供に先立たれた親の

感情だったんでしょうね。式前に先生と話した友人が、弔辞にそれを引用し、

「送って欲しかったのに、生徒を送るなんてな」って言ってたぞ、と 涙ながらに

言っていました。



予定通り、順番通りなんて行かないのが世の中、なんて言いますが、

あいつの人生の、そのあっけない幕切れに、友人一同 

『我が人生の残り時間』 を考えさせられる一日でした。



私より目上の方、年配の方には失礼な結びになりましたが、今日一日 友人を

送っての心底正直な気持ちです。申し訳ありません。



改めて あいつに    合掌



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック